セルフネイルの基礎知識

多くの女性が1度はチャレンジしてみたいと考えるセルフネイル。セルフネイルとは、ネイルサロンには行かないで自分でネイルアートすることです。趣味としてセルフネイルを楽しむ人もいれば、ネイルサロンに行く時間がなくてセルフネイルする人もいます。またセルフネイルに用いる道具も、ドラッグストアや雑貨店など色々なお店で取り寄せることができるので誰でも気軽に始められます。

セルフネイルに必要なアイテム3選

施術

ネイル用のジェル

ネイル用のジェルとは、専用のジェルを爪に塗布して硬化させてセルフネイルを楽しむアイテムです。専用のジェルを用いることで、セルフネイル特有の爪の膨らみ感を出すことができます。このようにネイル用のジェルは、セルフネイルを始めるときの必須アイテムです。

爪の形を整えるやすり

セルフネイルを始めると、それぞれ好みの爪の形が出てきます。爪の形を整えるためにはやすりを使って、爪を削っていく必要があります。やすりにも色々なタイプがあり、粗く削るものから細かく削っていくものまであります。用途に合わせてやすりを選ぶと良いでしょう。

ネイルを乾かす乾燥機

セルフネイルはお金をかけずに楽しめますが、難点は乾燥に時間がかかることです。乾燥したかなと思って指先に触れるとまだ乾いてなくて、ネイルに傷がついたという経験を持つ人も多いでしょう。そこでおススメなのがネイル乾燥機です。指先を機械に入れてスイッチを入れると、ネイルを乾燥してくれる便利なアイテムです。

ネイルサロンのサービス内容

セルフネイルもいいですが、完成度を求めるならネイルサロンが良いです。ネイルサロンでは施術を行う前に、カウンセリングでユーザーの希望を聞き取ります。ネイルサロン経験の有無・アレルギー歴など簡単な確認を行います。カウンセリングの段階で疑問を解消していきましょう。カウンセリングが終わると、下準備を行いネイルの施術を行います。この流れが基本的なサービスですが、更に割引・ポイントサービスがついてお得に利用することが可能です。

女性に人気のネイルをチェック!意外と見られている爪に注意

ネイルチップ

ネイルサロンの費用目安

ネイルサロンに興味がある人にとって、費用相場はとても気になるところです。ネイルサロンではネイリストの人件費・サービス代・材料代などが必要となります。例えばネイルストーン未使用で、シンプルなワンカラーのマニキュアタイプの場合、1回あたり5,000〜10,000円程度が相場だといわれています。これにオプションが加わると、その料金が別途必要となります。また、有名店で知名度の高いネイリストであれば、もう少し料金が必要になってくるでしょう。

ネイルグッズ

失敗しないネイルサロンの選び方

まずは、ネイルサロンがある場所をチェックしましょう。何故なら、ネイルは頻繁に手入れする必要があるからです。自宅近くで通いやすいネイルサロンを選ぶと、無理なくネイルを楽しむことができます。また、店の雰囲気も重要なポイントです。例えばキラキラのお店でネイリストたちの爪も派手な場合、雰囲気に流されてつい派手なネイルにしてしまいがちです。自宅に帰った後に、こんなつもりではなかったと後悔するかもしれません。そのため、自分が希望するネイルがネイルサロンの雰囲気に合っているかチェックしてみましょう。

広告募集中